« 古田2000本安打 | Main | VB障害(続) »

April 28, 2005

携帯はどこまで?

 NTTドコモと三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)は27日、携帯電話を使ったクレジットサービス事業で提携すると正式発表した。ドコモが三井住友カードに34%資本参加し、1年以内をめどに共同でサービスを立ち上げる。ドコモも独自ブランドのカードを発行、金融事業に進出する。普及率約7割の携帯電話を活用することで、クレジットサービスの新たな需要創出を目指す。

 三井住友カードは三井住友FGの全額出資子会社で、カード業界2位。ドコモは三井住友カードの増資引き受けと三井住友FGの持ち株の一部を取得する形で、34%資本参加する。出資額は約980億円で、2、3カ月以内に払い込む予定。
日経ネットから

記事にも数字がでていますが、日本における携帯の普及率は既にほぼ頭打ちとなっています。また、番号ポータビリティ制度が実施される可能性が高い今の現状では、キャリア間での顧客の奪い合いになるわけでして、その意味で、自社の携帯に付加価値を付けるという戦略の一貫なのでしょう。とくに、ここのところのドコモはauに対して若干分の悪い状況が続いてますから、なおさらです。
しかし、日本の携帯電話はドコまで進化するのでしょうか? 個人的にはあまり行き過ぎても、、、という気はしてます。

|

« 古田2000本安打 | Main | VB障害(続) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 携帯はどこまで?:

« 古田2000本安打 | Main | VB障害(続) »