December 22, 2005

ノートンに深刻な脆弱性

ウイルス対策ソフトとして有名な、Symantec社の、Norton AntiVirus、Norton Internet Securityに深刻な脆弱性があることが判明した。
数ヶ月前にトレンドマイクロ社のウイルスバスターに深刻なバグがあったことが記憶に新しいところだが、いやはや。。。
詳しいことは、YahooNewsの記事をご参照ください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2005

VB障害(続)

トレンドマイクロ社によると、ユーザーに対して、以下のように対応するようです。
(今朝届いたVB会員向けのメーリングリストから)

【1】契約期間を無償で1ヵ月延長

○対象:2005年4月23日時点で「ウイルスバスター2005 インターネット
セキュリティ」および「ウイルスバスター2004 インターネット
セキュリティ」のウイルスバスタークラブ会員契約が有効で
あったすべてのお客さま

※延長の手続きは、トレンドマイクロ株式会社が自動的に行います。
   お客さまに何らかの手続きをお願いすることはありません。

 更に、下記のお客さまに対し、【2】または【3】のとおり対応させて
 いただきます。

【2】復旧費用の実費を負担(1シリアル番号あたり8,500円を上限とします)

○対象:コンピュータを復旧するために、専門業者等に依頼し、既に作業、
支払いを終えているお客さま
○条件および申請方法:詳細は下記の窓口にお問い合わせください。
※申請の際には、サービス作業内容を証明する領収書等が必要となりますので
大切に保管しておいてください。


【3】契約期間を無償で3ヵ月延長
○対象:お客さまご自身でコンピュータの復旧を行い、領収書等の証明を
お持ちでないお客さま
○条件および申請方法:詳細は下記の窓口にお問い合わせください。

まあ、当然といえば、当然な気がします。
でも、あと3・4日この発表が早ければ、イメージダウンの程度も多少は違ったと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 28, 2005

携帯はどこまで?

 NTTドコモと三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)は27日、携帯電話を使ったクレジットサービス事業で提携すると正式発表した。ドコモが三井住友カードに34%資本参加し、1年以内をめどに共同でサービスを立ち上げる。ドコモも独自ブランドのカードを発行、金融事業に進出する。普及率約7割の携帯電話を活用することで、クレジットサービスの新たな需要創出を目指す。

 三井住友カードは三井住友FGの全額出資子会社で、カード業界2位。ドコモは三井住友カードの増資引き受けと三井住友FGの持ち株の一部を取得する形で、34%資本参加する。出資額は約980億円で、2、3カ月以内に払い込む予定。
日経ネットから

記事にも数字がでていますが、日本における携帯の普及率は既にほぼ頭打ちとなっています。また、番号ポータビリティ制度が実施される可能性が高い今の現状では、キャリア間での顧客の奪い合いになるわけでして、その意味で、自社の携帯に付加価値を付けるという戦略の一貫なのでしょう。とくに、ここのところのドコモはauに対して若干分の悪い状況が続いてますから、なおさらです。
しかし、日本の携帯電話はドコまで進化するのでしょうか? 個人的にはあまり行き過ぎても、、、という気はしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2005

ウイルスバスターのトラブル

(4/28に再編集してます)

既に各方面で報道されているVBのトラブルですが、
ウイルスパターンファイル 2.594.00に無限演算のプログラムがあった事が原因とか
となると、実質的にウイルスバスターがウイルスを配布したこととほとんどかわらず。

最終的には、検査担当者の給料50%カットやら、社長の月給を事態収拾まで「594円」(パターンファイルの名称が594だったことに由来)にするといった、社内処分が報道されてますが、個人的にはそんなもんじゃすまないだろうというのが率直な印象です。

和田の場合は、VB搭載のマシンが全部で5台。5台ともが常時接続ではないので、更新時間に差があったことで、最新の情報を入手して早い時期に対応することができたから、まだ被害はカワイイのですが、
あちらこちらのblogなんかでも書かれていますが、マシンを1台しか持っていないという人は、どう対応できたのでしょう。泣く泣くHDDをフォーマットしたユーザーだっているはずです。
別に賠償金を払えとかそういうことを言いたいわけではないのだけれども(現実的にも選定当事者でも使わないと訴える方としても費用倒れでしょう)、なんか対応がお役所的だった気がします(しかも、原因は非常に初歩的な人為的ミス)。
まあ、今後こういう事故が絶対に起こらないことを期待します。

念のため、事故情報についての、トレンドマイクロ社HPのサポート情報へのリンクだけは残しておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)