September 01, 2006

新手の振り込め詐欺

 東京都内の振り込め詐欺の被害が先月、8か月ぶりに300件を突破し、今年に入って続いていた月200件前後のペースから、1・5倍に急増したことが警視庁のまとめでわかった。
 「痴漢で捕まった」と言って示談金を要求する手口から、「会社の金を使い込んだ」と泣きついて振り込みを求める手口に変わったことが原因とみられ、1件の被害額が500万円を超えるケースも目立つ。
 このため同庁は1日から、都内在住者専用の「手口体験電話」((電)0120・30・2989)で新手のだまし文句を紹介し、注意を呼びかけることにした。
 同庁によると、今年に入って7月までに届け出のあった振り込め詐欺の被害は1523件(被害総額26億1000万円)と、月200件前後で推移。しかし先月に急増、30日の時点で302件に上った。被害が300件を超えたのは、昨年12月(339件)以来。

(Yahooニュース/読売新聞より)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 11, 2006

アイフルのCM 「く~ちゃん」

 アイフルの業務停止が8日からはじまった。多くの店舗は、今日から業務が再開するが、愛媛県内では新居浜支店が25日間(6/1まで)の業務停止処分となっている。
 さて、アイフルといえば、例のチワワのCMが有名だが、このCMが、CM総合研究所による05年度の「CM好感度」第1位(実は2年連続)になったそうだ。もっとも、アイフルがこの受賞を辞退したのは当然の流れ。
 消費者金融のCMによるイメージアップ戦略とその弊害については、従来からも議論があったが、CMのイメージが実態とはかけ離れていたということで、今後ますますの議論を生むかも知れない。
 なお、このチワワのCMは中止となるとのこと。

Yahooニュースの記事

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 08, 2006

TV番組で紹介の「白インゲン」ダイエット法に苦情殺到

ちょうどこの番組をみていまして、炭水化物大好き人間で、「できることなら米を食べながらダイエットしたい人間」の一人として、まさに試してみようと(ミーハー)と思っていた矢先でした。
うーん、困った。。。(笑)

Yahooニュースの記事

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 17, 2006

【ビックリ!】書記官が書類を9カ月放置

Yahooニュースの記事より
 福岡高裁は17日、事件記録を送付しないまま約9カ月放置したとして、熊本地裁管内の40代の男性主任書記官を戒告の懲戒処分とした。書記官は、送付の時期を逃し、その発覚を恐れる気持ちから放置した、と話しているという。

 いや、こんなことってあるんですね。。。確かに書記官業務は大変なのですが、、、それにしても。。。です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2005

tu-ka→auへの同番号移行

ツーカー→auへの同番号での移行受付が当面中断されるらしい…
次に東京に戻ったときにでも、、、と思っていたのに、いやはや。。。

予想以上の申込みがあって対応が間に合わないためらしいが、今のtu-kaのブランド力を考えれば、申込みが殺到することは火を見るよりも明らかだったはずなのだが。。。

番号ポータビリティ制度が導入されたら果たしてどうなるのか。。。

ヤフーニュース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2005

ゲーム理論

このところ、色んなことがあったので、他にも書くべきことはたくさんあるのですが…

ゲーム理論を確立した経済学者2人が今年のノーベル経済学賞を受賞することが決定したらしい。
ゲーム理論は、大学に入学したときに、一番最初に学んだ(?)ことなので、なおさら印象深いのだろうが、現実の紛争処理、民事手続をみるときでも、今になってもやっぱり意識する。
ヤフーニュースより

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2005

スペースシャトル打ち上げ無期延期

よくある子供頃の夢の話ですが、和田の場合「宇宙に携わる仕事」をするでした。日本人初のスペースシャトル宇宙飛行士の候補に、毛利さん、向井さん、土井さんの3名が選ばれたのは、ちょうど小学校4年生のときですから、かれこれもう20年も前の話ですが、彼らのインタビューなどは食い入るように見ていたものです。ですから、その後のチャレンジャーの爆発事故(夏休みだったので、生中継を見ていた)や、コロンビアの空中分解事故は、ホントにショッキングな出来事でした。

それはさておき、てんやわんやの末、無事(?)打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」ですが、案の定といっては、失礼なのかもしれないけれども、前回と類似の断熱材崩落事故があり、今後の打ち上げは無期延期とのこと。(ヤフーニュースより

今後の打ち上げはともかくとして、これからの焦点は、ディスカバリーで無事に帰還できるかどうかですが、個人的には、ちょっと懐疑的な立場です。少なくとも万に一つの可能性があるのならば、スペースシャトルで帰還すべきではないでしょう。想定内のできごとなのか、想定外のできごとなのかはよくわかりませんが、宇宙開発における危機管理のあり方が試されるケースであることには代わりがありません。
しかし、原因がわからないというのは、うーん。。。(たしかにわからないことはあるのだろうが。。。)
最新技術の結晶であるはずのスペースシャトルが、このざまで、宇宙飛行船としてはアナログタイプのソユーズ・プログレスに頼る結果になるとは。。。なんとも皮肉です。

ちなみに、ソユーズというのは、ロシアというよりも旧ソ連時代からの宇宙船で、沿革的にはアポロ期に開発された宇宙飛行船です(使い捨て型)。むろん、過去に事故歴がないわけではないのですが(ソユーズ1号が帰還に失敗(パラシュートが開かなかった)している)、、、。

言い換えれば、この20年以上にわたる間、同様の原因をずーっと抱えたままスペースシャトル計画が続けられてきた可能性も否定できないわけで、これは今後の宇宙開発(有人飛行)計画の存亡そのものにも大きな影響を与えかねません。関係者各位の努力によって、何とか克服してもらえることを、そして、ディスカバリーの乗組員が無事帰還できることを祈念するばかりです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)